新着情報

寄付支援マッチングのキフミーを立ち上げました

https://www.kifume.com

【サービス名:キフミー】

サービス立ち上げの経緯

新型コロナウイルス対策支援として国民1人あたり10万円の支給に対し、生活のために今すぐにでも欲しい人がいる一方で、自分は受け取りを辞退して困っている人に回してほしいと考える人もいます。

様々な寄付や支援の方法がある中で、困っている人が窮状を訴える投稿を行い、それを見た人が直接支援する流れができれば良いと考えました。誰か困っている人を助けようと思っていても、どこに寄付していいのかわからない人も多いと思います。

また、様々な団体などに寄付を行った場合は、自分が寄付したお金がどんな用途に使われて、本当に役に立っているという実感が沸かないといったこともあると思います。困っている人がこんな状況で困っていますと声をあげ、その人に支援する。支援された人は支援者にお礼をつたえる。こんな流れが作れないかとチャレンジします。

サービスの流れ

1.「寄付する人」と「寄付を受ける人」が「キフミー」というWEBサービスに会員登録する。

2.「寄付を受ける人」はキフミー内の掲示板に困窮している情報を書き込む。

3.「寄付する人」が上記の投稿内容を読み寄付金を送る。

リターンについて

寄付を受ける人は任意でリターンを準備して頂きます。様々な状況の中で、できることが限られているかもしれませんが、オンラインでなにか情報を提供するとか、身の回りのものをお礼に送るなどできる範囲で感謝の気持ちを伝えることが大切だと思います。

支援を求める手段に

新型コロナウイルスの影響で多くの人が経済的に困窮しています。給付金などの申請を行ってもいつ振り込みが行われるのかわからない、そういった不安の中で生活している人も多くいると思います。

ひとつの手段として、支援を求める場所を提供できればと思っています。この先、様々な場所で地震や水害などの自然災害で被害を受ける人も出てくるかもしれません。そんな時にパソコンやスマートフォンから今の状況を投稿して頂き、広く支援を求めて寄付してもらう。

そんな流れが生み出せれば、たとえ少額でもその日、次の日といった目の前の生活をとりあえずは乗り切ることができるかもしれません。メディアなどに取り上げられ、利用して頂く人が増えて、本当に困って寄付してもらいたいと思った時に思い出してもらえるサービスに育てていきたいと思っています。

プレスリリース

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000040915.html



| 投稿時間 :2020年6月8日 09:05
プロフィール

株式会社プルーブ代表 松竹延浩
インターネット広告を出すからには、最終的に利益が増えなければ 全く意味がありません。少しでも皆さんの参考になるように最新情報も交え できるだけわかりやすくご案内します。
カテゴリー
最近のエントリー
月別アーカイブ