新着情報

弊社では、リスティング広告のOEM提携を行っておりますが、最も注意しなければならないことのひとつに、弊社の名前がクライアント様に知られないということが挙げられます。

提携先の会社様が実際に自社ブランドとしてご提供されるわけですから当然です。マスターアカウントを追加する際や、お知らせメール自動送信設定、アラートメールの送信設定など、送信アドレスのドメインについても気を使っています。

管理画面内情報の開示については、基本的にはクローズにしているのですが、開示せざるを得ない場合もあり、その場合には提携会社様のドメインアドレス(グーグルの場合、グーグルアカウントを取得していないアドレス)でアカウントを作成し、調整しています。

マスターアカウントの追加の際には、ログイン用アドレス宛に招待メールをお送りし、送り先と送り元の双方で承認作業が必要になりますが、その際にメールアドレスが表示されるので弊社発行のメールアドレスを使用することができません。かといって、フリーのアドレスを使用するわけにもいきません。

インタレストマッチの場合は、更に複雑で、ビジネスIDで取得している以上、アカウント内情報を開示してしまうと、他社広告情報が漏れる心配があるために、こちらは公開できません。何とかスポンサードサーチのように開示できるようにして欲しいと思います。


| 投稿時間 :2009年7月6日 21:11

リスティング広告を開始するに当たり、よくお寄せいただく内容です。

Yahoo!プロモーションとアドワーズはどちらの方がいいのか?または、両方行う予定なので、割合はどうすれば良いか?など。

初めてリスティング広告を始める場合には、1:1の割合で広告をかけて、費用対効果を図るのが王道だと思います。

その場合の効果測定の精度が非常に重要で、アクセス解析がここでものをいいます。直接効果と間接効果とがあり、検索結果をクリックしてそのまま成約に至る割合というものは、じつはそれほど多くは無く、1日後、3日後、1週間後にようやくコンバージョンに至るといったことも、ネット上では頻繁に起こっているといわれています。

リスティング広告管理画面内に表示される”コンバージョン数”のみを見ていては、ここはわかりません。Yahoo!プロモーションでは、確かに”アシスト数”というコンバージョンに寄与したキーワードもカウントできますが、検索ユーザーは広告ばかりクリックしているわけではないですし、検索エンジンも複数使用しているかもしれません。広い視野で検証することが重要です。


| 投稿時間 :2009年7月4日 21:27

Googleアラートを使用されている方も多いと思いますが、まだ使用していない方の為にお知らせします。

グーグルアラートを使用すると、最新情報を取得しやすくなります。RSSで取得している人も多いと思いますが、メールでお知らせしてくれるので便利です。

例えば、【SEO】というキーワードを登録しておけば、そのキーワードに関連する記事やウェブページを知らせてくれます。自社で取り扱っている商品名などを登録しておくと、ライバル会社の動向などもいち早く情報入手が可能になります。ぜひお試しください。もちろん無料です。

私もRSSリーダーで気になる情報を取得していますが、つい見なかったりということもあります。メールなら毎日必ずチェックしますし、情報の取得漏れが無いので併用されてはいかがでしょうか?

私は【インターネット広告】というキーワードを登録していますので、関連するIT関連ニュースなどをチェックするのに重宝しています。


| 投稿時間 :2009年6月19日 09:58

インターネット広告には様々な広告スタイルがありますが、リスティング広告のYahoo!プロモーション広告、アドワーズ広告には入札していても、インタレストマッチ広告(興味関心連動型広告)には、まだ入札していない企業様も多いと思います。

ざっくり説明すると、コンテンツマッチで表示していた部分に、対象ユーザーの性別や年代別に絞り込んで広告表示させる広告になります。

どうやってユーザーを識別しているかという点が気になるところですが、ヤフーIDの登録状況から判別しているのではないかと考えられます。つまり、ログインした状態でサイトを閲覧している場合に、振り分けしていると考えられます。

実際に性別のみ、年代のみなどでフィルタリングをかけると、極端にインプレッション数(広告が表示される回数)が減ります。ログインしていない状態では、コンテンツの内容を重視して広告を表示していると思われます。

まあ、細かい仕組みは知らなくても、効果があるかどうか、費用対効果が高いのかどうかが重要なので、今後もデータを蓄積していきたいと思います。

(さらに…)


| 投稿時間 :2009年6月6日 14:57

先日、お客様インタビューでお世話になった動画制作会社の方と提携して、リスティング広告と動画を組み合わせて面白い企画をやることになりました。

インターネット広告では、広告をクリックした後に表示させるランディングページの内容(コンテンツ)がものをいいます。BtoBのサービスの場合がコンバージョン率0.5%前後、BtoCのサービスの場合が1.0%前後とは言われていますが、これはあくまでも平均値といいますか、他社と比較して見劣りがしない内容であったり、商品価格であったり、そのたの付加価値によって参考にできる数値であって、十分に訴求できていないページないようですと、当然ながらコンバージョン率は下がります。

弊社のインターネット広告お客様の声のように、ユーチューブを利用してランディングページに動画を設定することで通常の画像やテキストのみでは伝え切れなかった商品の質感であったり、人の声から伝わるニュアンスなどを伝えるとコンバージョン率は上がるのではないかと思っています。まだ、しっかりとしたデータを蓄積できてはいないのですが、弊社のクライアント様で動画を効果的に取り入れられているクライアント様では、やはりコンバージョン率が高いので、これは是非とも形にしたいと思います。

 

(さらに…)


| 投稿時間 :2009年6月3日 09:36

今年に入ってから毎月通っている自由が丘の歯科の先生と何気なく世間話をしていたところ、どんな仕事をしているのかとの質問に、「インターネットの検索エンジンで表示される広告で・・・」と分かりやすく説明しようとしたところ。「ああ、PPC広告ですか?」と切り返されちょと驚きました。

この先生はご自分で研究され、広告を出されているそうで、質問の内容からしても結構勉強されていると感じました。

が、しかし・・・

つまづく所は結構みな同じだと感じた瞬間でもあります。

まさか、休日に通った歯科で「品質インデックスは・・・」とか具体的な質問を頂くとは思っていなかったのですが、我々も更に知識と技術を磨いていかないと淘汰されるなと危機感を感じました・。


| 投稿時間 :2009年5月30日 19:12

ここ数ヶ月の間、業務提携している会社様からの案件が急増しています。

業務提携した直ぐは、ぽつぽつ受注するという感じなのですが、最初の数社の効果が上がると、別のサイトも頼みたい、または知り合いの会社を紹介してもらったりと、後々になって増える傾向にあります。

逆に、想像していた以上に効果が上がらない場合には、そこからの口コミは当然のように発生しません。ここを何とかするのが一番大事なところで、ライバル会社の広告や、ランディングページを調べたり、価格帯や提供先、支払い方法、クライアントの属性など調べていき、場合によってはホームページの修正をご提案しています。

インターネット広告では、リスティング広告、SEOなどでもそうですが、

(さらに…)


| 投稿時間 :2009年5月15日 15:48

ホームページをフルリニューアルしました。CMS化して、ページ作成のスピードを上げようと思っています。

ビジネスブログという言葉を聞いたことはありませんか?概ねこのカテゴリーに属するつくりになっています。ブログシステムのMovableTypeを使用し、複数のブログを組み込んであります。

リスティング広告と、ブログシステムの強みを生かして、より反響を上げる提案をしていきたいと思います。

 

(さらに…)


| 投稿時間 :2009年5月15日 15:47
プロフィール

株式会社プルーブ代表 松竹延浩
インターネット広告を出すからには、最終的に利益が増えなければ 全く意味がありません。少しでも皆さんの参考になるように最新情報も交え できるだけわかりやすくご案内します。
カテゴリー
最近のエントリー
月別アーカイブ