新着情報

アドワーズ広告では、ご存知の方も多いかもしれませんが、海外へも出すことができます。

キャンペーンごとに国名を指定し、現地の言葉でキーワード、広告文を作成していきます。

グーグルのプレビューツールを使えば、日本にいても、現地で広告が表示されているかを確認することができます。

国内では、都道府県も選択できるので、地域ターゲティングを行っている場合にはかなり重宝します。

 


| 投稿時間 :2009年7月17日 10:30

リスティング広告やSEo対策を進めていくうちに、更に露出させる間口を広げたくなると思います。

アドワーズ広告のコンテンツマッチを使用しても、中々効果が上がらないという経験はありませんか?

そういうお問い合わせをいただいたときには、「どこに表示されていたか把握していますか?」とお聞きするようにしています。グーグルネットワークは確かに掲載箇所も半端ではなく、インプレッション数は1日で何万件にもなることがありますが、ニュースサイトや個人のブログまで様々なところに掲載されますので、こちらから指定することが必要になってきます。

プレースメントターゲット広告を使いこなしている人は、まだまだ少ないと思いますが、ピンポイントで上位狙いで表示させれば、狙ったユーザー層を取り込むことは可能です。

モバイルにも対応していますので、是非お試しください。


| 投稿時間 :2009年7月15日 11:27

取扱商品に関連性の高いサイトで、アクセス数の多いサイトや人気の高いサイトへ広告を出すには費用が高いのではないか?とお思いの方も多いと思います。ポータルサイトや口コミサイト、価格比較サイトなど、カテゴリーによっては、検索する前にまずそのサイトで確認してから購入するという人も多いです。

先日、化粧品の口コミサイトがリアルでイベントを開催し、そこ訪れたお客さまへインタビューしているところをテレビで見ました。新しい化粧品などが出た場合、店頭で直ぐには購入せずに、まず口コミサイトで評判を確認してから実際に購入するという人が多く、今後は口コミマーケティングが一層重要になるなと感じた一瞬でもありました。

この点を販売側から考えると、それだけ発信者のみの情報は信用されなくなってきたということでもあり、”いいこと”ばかりではなく”失敗”などもしっかり記載していくことも検討する必要があると思います。

口コミサイトへ広告を掲載する場合、そのサイトがアドセンスを掲載していれば、クリック課金型でイメージ広告(バナー広告)や動画広告を掲載することが可能です。

先日もご案内しましたプレースメントターゲット広告ですが、ピンポイントで上位表示を狙えば、かなりの効果が見込めます。

 

 


| 投稿時間 :2009年7月13日 16:32

グーグルアドワーズでは、デフォルトの状態だとキャンペーン単位の予算管理になります。Yahoo!プロモーション広告はキャンペーンごとはもちろん、アカウントごとに予算を管理できるのですが、アドワーズの場合はアカウント単位での予算管理が難しいのが現状です。

弊社がご案内している広告管理ツール”オートビット”では、このアドワーズの予算管理をアカウント全体で管理することが可能です。しかも、アドワーズとYahoo!プロモーションをまとめて管理でき、それぞれにログインしなくても、オートビットの管理画面からキーワードの追加や削除、編集、広告文の変更など行うことができます。

オートビットの管理画面内で編集し、その内容を実際のYahoo!プロモーション、アドワーズへ上書きする(同期する)流れになります。


| 投稿時間 :2009年7月3日 20:54

GoogleAdwords(アドワーズ)広告では、テキスト広告の他にも、イメージ広告や動画広告を出すことができますが、動画広告については作成に時間や費用がかかるために導入されているところはそれほど多くないのが現状です。

ディスプレイ広告ビルダーでは、イメージ広告だけでなく、動画広告も簡単に作成できるツールです。通常のアカウント内から広告グループを選択し、ディスプレイ広告を選択して表示される一覧からパターンを選び、必要なテキストやURLなどを入力すれば直ぐに作成することができます。

この広告と、プレースメント広告を組み合わせて、ピンポイントで動画広告を出すことができるので、従来の純広告に近い広告を安価に出すことが可能です。

動画広告のテンプレートには、季節のものから人気の高い順、小売や旅行などのカテゴリーなどから選ぶことができます。

テキスト広告のように、掲載箇所はそれほど多くないのですが、広告を表示したいサイトのドメインで検索すればさらにピンポイントで広告を出すことができるので是非試して見てください。


| 投稿時間 :2009年7月2日 20:43

プレースメントターゲット広告とは、広告の掲載を希望するウェブサイトまたはサイト内のページや広告ユニットのに表示させるコンテンツマッチ広告のことです。

アドワーズ広告で設定しているキャンペーンでコンテンツマッチにチェックを入れ、「ターゲットとして設定したプレースメントの関連性の高いページのみ」にチェックを入れると、そのキャンペーン内にある広告グループ内でプレースメントを選ぶことができます。

ここで、プレースメントのみを選択すると、関連性の低いコンテンツの場合にも表示されてしまいますが、キーワードを同時に設定することで、両方に関連性の高い場所に広告を表示させることができます。最近はコンテンツマッチの効果もかなり高くなってきています。

プレースメントターゲットで選択する場合、キーワードから選択したり、URLを指定して掲載可能箇所を調べたり、カテゴリーから選択するといったことが可能です。どの掲載箇所が効果が高いのかといったことは余りにも膨大な数があるので、当初は広めに設定し、アクセス解析から効果の高い箇所に絞っていく方法が今のところ最も効果的だと思います。


| 投稿時間 :2009年6月30日 20:39

先日から調整していたアドワーズ広告の予算消化の件ですが、無事解決しました。詳細はお伝えできないのですが、実に複雑なロジックが走っているなと感じました。

こういう仕事をしていて思うのですが、片手間ではとても無理だと思います。

Yahoo!プロモーション広告に対して、アドワーズ広告は難しいと感じられる方が多いと思うのですが、設定できる項目が多いことの他に、審査関連が上げられると思います。

昨日までは広告が表示されていたのに突然表示されなくなったとか、ガイドラインに抵触して再審査をかけているけど、中々審査に通らないというご相談をよくいただきます。細かく調べていけば、大抵のことは解決しますので、お気軽にご相談下さい。

Yahoo!プロモーション広告とアドワーズ広告戦略の大きな違いとして、ロングテール戦略が上げられると思います。アドワーズ広告では、ひとつの広告グループに100個以上のキーワードを登録するとうまくいきません。グーグル側も推奨しておらず、グループ分けは細かく行う必要があります。


| 投稿時間 :2009年6月27日 18:01

アドウェアーズ広告の設定で、稀に発生するようです。

月額予算が多いアカウントの設定で、例えば1日の予算を100万円などに設定すると、アドワーズのシステムは、入力者が間違って入力したと判断し、予算にロックをかけるという話を聞いたことがあります。管理画面内では確認できないので、設定者は非常に困るのですが、この設定を解除してもらうには、インドにあるデータセンターでしか解除ができないために、もうこれはアカウントを作り直すしかないようです。

ロックがかかるとどうなるかというと、ひとつのキャンペーンの予算設定に関係なく、例えば1日の予算を1000円くらいにまで引き下げて、安全の為にそれ以上クリックさせないように成ります。

画面上で確認メッセージを出せばいいと思うのですが、確認しながら設定できないというのは非常に困ります。

ためしに、インプレッション数が非常に多いキーワードを部分一致登録し、更にキャンペーンオプティマイザーで広告の最適化機能を用いてキーワードを追加しても、インプレッション数がカウントされませんでした。

・・・困ったものです。意見として上げてはいますが。


| 投稿時間 :2009年6月26日 10:19

GoogleAdwords:キーワード見積もりツールでは、新規キーワードのトラフィック見積もりが簡単にできます。

その際にアカウントにキーワードを追加したり、サインアップページを使う必要はありません。

上限クリック単価、1日の予算の設定、ターゲット地域などを入力すれば、推奨クリック単価や競合のボリュームなどを調べることができます。また、1日の予測費用も調べることができますので、アドワーズ広告を始める前に使用すると便利です。

複数キーワードを一度に調べられ、csvでデータをダウンロードできますので一度試して見てください。
見積もりはすべて目安として表示され、システム全体の平均に基づいて算出されるため、実際の費用や掲載順位とは異なる場合があります。キーワードのこれまでの掲載結果に基づいた見積もりを表示するには、該当の広告グループで見積もりツールを使用します。



| 投稿時間 :2009年6月22日 08:45

グーグルアドワーズ広告では、様々なツールが無料で提供されています。

キーワード最適化ツールでは、現在登録してあるアカウントへキーワードを追加する場合に有効なキーワードを抽出し、その抽出もとのページや検索ボリューム、競合の度合いなども表示されます。

Google Insights for Searchに繋がるリンクをクリックすると、そのキーワードでの検索数他のトレンドを見ることができ、例えば過去1年間での検索数の推移などを確認できます。少しずつ検索ボリュームが上がっているキーワードなどがあれば、人気が上がっている商品と考えることもあるでしょうし、テレビやウェブ媒体で話題になっているかもしれません。

Google Insights for Searchでは、国別や期間別、過去5年まで遡って検索することができますので是非試して見てください。

キーワード入札する際の推奨CPCも表示されますので、おおよそのコスト予測ができます。


| 投稿時間 :2009年6月18日 10:15
プロフィール

株式会社プルーブ代表 松竹延浩
インターネット広告を出すからには、最終的に利益が増えなければ 全く意味がありません。少しでも皆さんの参考になるように最新情報も交え できるだけわかりやすくご案内します。
カテゴリー
最近のエントリー
月別アーカイブ