リスティング研究ブログ

リスティング広告のアカウントを自社または他社へ乗り換える時

リスティング広告の運用を代理店に依頼していて、自社運用に切り替えたい、または他の代理店に切り替えたい時にはアカウントを移行することになると思いますが、状況によってはそのままアカウントを移行することが出来ず、品質スコアも引き継げない場合があります。

例えばYahoo!プロモーション広告を代理店に依頼している場合、依頼先の代理店でアカウントを作成した場合には基本的にアカウントの譲渡(引き継ぎ)ができないため、新たにアカウントを作る必要があります。この場合、過去のデータを引き継ぐことが出来ませんので品質スコアも引き継ぐことが出来ません。

Google AdWords広告は管理者権限のユーザーを追加し、既存のユーザーとのリンクを切ることで操作としては引き継ぎ可能です。代理店はクライアントセンター(MCC)というお客様のアカウントを一元管理できるもので管理していることが多いと思いますが、このMCCからの簡単操作でアカウントの切り離しやリンクが出来てしまいます。

アカウントの乗り換えなどでお困りの際にはお気軽にお問い合わせください。



| 投稿時間 :2016年5月24日 11:11
プロフィール

株式会社プルーブ代表 松竹延浩
インターネット広告を出すからには、最終的に利益が増えなければ 全く意味がありません。少しでも皆さんの参考になるように最新情報も交え できるだけわかりやすくご案内します。
カテゴリー
最近のエントリー
月別アーカイブ