新着情報

リスティング広告を初めて出稿される方へ何かアドバイスできないかと考えてみました。初めての方からはご質問いただく内容が似ていることも多く、ご参考頂ければと思います。

予算はどれくらいがいいか?

必ずと言っていいほど頂くご質問です。

月に○○万円くらいです。と言いたいところですが、これでは何の根拠もありません。

初めて広告を出される場合、シミュレーションなど希望される場合もあるのですが、正直なところ広告を出してみないと、どれくらいの費用で何件のコンバージョン(購入や問合せなど)を獲得できるのかは分かりません。

まずは広告のテストが必要だと思います。少額でテストを先に行うのです。

どんな検索キーワードで訪問してきた人が最もお客さんになり得るのか、そのキーワードをHOTなキーワードと呼ぶとします。

そのHOTなキーワードのみで広告を出してみる。数千円でも良いので出してみることです。

競合他社や季節的なことなど、もちろん様々なことが影響してくるとは思いますが、一番HOTなキーワードで検索した人が、誰も買ってくれない、誰も問合せしない(コンバージョンしない)としたら、まずはホームページの内容を見直すべきです。

そうせずに、もっとキーワードを多く登録したら問合せが増えるのではないか?上位に表示し続けたらいいのではないか?と考えて走りだすと多くの広告費を無駄にしがちです。

ホームページの内容を見直す際には競合他社のホームページの内容と見比べながら、下記の内容を参考にしてみてはいかがでしょうか?

・価格はどうか?
・品揃えはどうか?
・お客様の声など第3者からの情報はあるか?
・PCとスマホ・タブレットから問合せしやすいか?
・一番の「売り」をしっかり伝えられているか?
・他社との違いを明確にしているか?

コンバージョンが取れた場合には少しずつ予算を増やしていく。
月に●万円の予算という決め方よりも、可能であれば1件コンバージョンを獲得するためにかかる費用(CPAと言います)を目安に予算調整するほうが良いかもしれません。


| 投稿時間 :2015年1月13日 13:36

弊社サイトへご訪問いただきありがとうございます。
誠に勝手ながら下記の期間は冬季休暇を頂いております。

2014年12月27日(土)から2015年1月4日(日)まで

年始は1月5日(月)から順次ご対応させていただきます。
何卒宜しくお願い致します。


| 投稿時間 :2014年12月24日 12:14

リスティング広告に出稿していても広告戦略上で出稿をやめることもあるかと思います。
その時、アカウント内の残金を返金してもらう方法についてご案内します。

▼Yahoo!の場合

1.ログイン後画面右上の「登録情報」をクリックし最下段にある「受取口座情報」に必要事項が入力されているか確認する。
※受取口座情報の記載がないと返金に応じてもらえません。

2.Yahoo!のサポート窓口に連絡し、返金を希望している旨を伝える。

3.Yahoo!から返金申請用のメールが送られてくるので、必要事項を記入後に返信する。

4.3~4週間程度で受取口座へ返金されます。その際に324円の手数料が差し引かれます。

▼Googleの場合

1.管理者権限のアカウントでログインし、画面右上の歯車マークから「アカウント設定」をクリックする。
※クライアントセンターなどからではなく、アカウントを作成した時のアカウントでログインする。

2.「設定」画面の一番下にある「AdWordsの利用を停止する」をクリックする。
※この表示がない場合はログインしているアカウントが違います。

3.ページ上部に「アカウントは有効ではありません。・・・」という赤い背景色の帯が出てきます。

4.24時間程度経過した後に、3の部分に返信用のリンクが出てくる。

5.返信用のフォームから振込先口座などを設定し印刷後にGoogleへFAX送信する。

6.約4~6週間前後で返金されます。手数料は引かれません。

以上、現時点での返金方法をご説明しましたが、今後は変わる可能性がありますのでご注意下さい。

なお、アカウント内に残っている金額と実際に返金される金額は
無効なクリックなどで誤差が生じる場合があります。


| 投稿時間 :2014年12月5日 12:13

リスティング広告を長年出稿されている方はキーワードや広告文の調整の他、無駄なキーワードを除外したりプレースメントを除外したりと様々なことをされていると思います。

アカウント内のメンテナンスを行なう際にある程度何を行なうかというルール決めをしておかないと、いつまでも時間ばかりが過ぎて行くことになりかねません。気がつけば管理画面を見て数時間が経過していたという経験もあるのではないでしょうか?

デバイス別、時間帯別、エリア別の検証を行なうことで行なうべき施策が見えてくることがあります。

例)

スマホへの配信では予想以上にCV数が取れているのにPCへの配信で予算を食われている。

平日の12時から16時の間はCPAが非常に高くなっているが20時を過ぎると改善されている。

東京・神奈川・埼玉で予算の8割を消費しているがクリック数の最も多い東京よりも神奈川の方がCPAが低いので単価を引き上げる余地がある。

少なくとも月に1回は見直しを行い調整していくことが反響アップに繋がると思います。

自社開発したレポートシステム「リスポ」では上記の解析レポート出力が可能ですので是非一度お試し下さい。
http://www.lispo.jp


| 投稿時間 :2014年11月18日 11:17

最近リスティング広告を開始されたお客さまでお問合せいただきましたのでご紹介します。

GoogleAdWords広告にキーワードと広告文を登録して、広告の表示を確認しても

「広告が表示されない!」と心配されていました。

下記のような場合には広告が表示されないことがよくあります。

・そもそも検索回数が非常に少ないキーワードの場合
・1日の予算設定が低い場合
・審査にかかっている場合

また、稀に「除外キーワード」に入っているキーワードのために広告が表示されないということもあり得ます。

お金を出して広告を表示させる側としては、登録しているのになぜ出ないんだ?と思いがちですが、よくよく考えてみると検索キーワードにマッチしていない広告文を表示させると、検索エンジン自体の質が下がりますし、登録すれば必ず広告が出るということではないことはご理解いただけるのではないかと思います。


| 投稿時間 :2014年11月11日 11:32

GoogleAdWords広告では世界中に広告を出すことが出来ます。

たまたま弊社にお申込み頂いたお客様でドイツに広告を出されたい会社様がいらっしゃいましたのでご案内します。

気を付けるべき点

1.タイムゾーンを現地に合わせる。

ドイツは日本時間からマイナス8時間の設定にします。
日本で朝8時から20時まで広告を表示したい場合、マイナス8時間の計算をして、夜中の0時からお昼の12時までの設定にすればOKです。

2.言語をドイツ語に設定する。

キャンペーン単位で言語を指定できますのでチェックボックスで選択するだけです。

3.広告文、キーワードをドイツ語にする。

現地での検索結果に表示したいわけですから、現地の言語に合わせて設定します。

文字数制限

タイトル:25 文字(半角)
説明文1:35 文字(半角)
説明文2:35 文字(半角)

ドイツ語の場合も上記で対応しています。半角スペースも1文字分とカウントされます。

同じアカウント内に日本国内向けの広告を出されている場合でも上記で対応可能です。

アカウントを新しくドイツ向けに作成すればタイムゾーンの設定などは通常通り現地時間の設定でOKです。

▼通貨はどうなるの?

通貨単位はユーロ(€、EURO、EURとも略す)ですが、AdWordsで表示される通貨は日本円の場合下記のような流れになります。

1.オークションの度にドルに換算される。
2.その後アカウントで設定している通貨(今回の場合は日本円)に計算され直される。

つまり、ユーロは関係なくなるということになります。

ドイツ圏など海外へリスティング広告を出稿されたい方はお問合せ下さい。


| 投稿時間 :2014年10月28日 11:58

▼キャンペーンの自動化ルールのキャプチャCapture_2014_10_21_09_58_06_313

AdWords広告を運用している方で下記のような方には重宝されそうです。

・キーワード単位でCPC設定し上位表示をキープしたい。
・広告の掲載順位を頻繁にチェックしCPC調整を行っている。
・キャンペーンや広告グループのオンオフを手動で行っている。
・CVが取れたキーワードは定期的に順位を引き上げたい。
・品質スコアの低いキーワードは定期的に停止したい。

ある条件を満たす場合にアカウント内にどのような変更を加えるのかという指定ができます。

例)

過去7日間のデータで
選択したキーワードの平均掲載順位が3位を下回った場合
クリック単価を5%引き上げる(円指定もできます)
その場合の上限クリック単価は500円とする

他にも非常に多くの設定を行なう事ができます。

▼広告文の自動化ルールのキャプチャCapture_2014_10_21_09_59_21_464

広告文に対してもルール設定を行なうことが出来ます。

▼キーワードの自動化ルールのキャプチャCapture_2014_10_21_09_58_47_568

もちろんキーワード単位でも設定できます。

ルール化は、より詳細なレベルのルールの方が優先されます。

キーワード単位>広告グループ単位>キャンペーン単位

色々と試してみてはいかがでしょうか?


| 投稿時間 :2014年10月21日 10:28

以前までは通常のアカウントでもGmailに広告を配信できたのですが、今月より通常のアカウントからは配信ができなくなったようです。
負荷がかかりすぎてしまったために制限がかかったようですね。

今まではプレースメント指定でmail.google.comを登録すれば配信出来たのですが。
自動プレースメントで配信し反響の良いプレースメント指定に切り替える方も多いと思います。弊社のお客様からのご要望で設定を進めておりGoogleへ確認して解りました。

一部のアカウントでは配信できるようですが、新規にアカウントを作成して配信しようとするのは難しそうです。


| 投稿時間 :2014年10月15日 16:05

リスティング運用を代行している我々としては常識なのですが、お客様の無料診断などを行なっていると、未だに除外キーワードを部分一致などで登録しているのを見かけます。

「何が違うの?」と思われるかもしれません。

部分一致で除外キーワードを登録すると、より広い範囲でキーワードが除外されるため、見込の高いキーワードまでが除外される可能性があるんです。

フレーズ一致で除外キーワードを登録しておくと、そのキーワードを含む時にだけ除外するので調整がしやすい利点があります。

また、AdWordsには共有ライブラリーの中に「除外キーワードリスト」を登録できますので、登録しているキャンペーンが大量にある場合などは、そのキャンペーンに除外キーワードリストだけを登録しておき、除外キーワードを追加するときには、このリストだけに追加すれば1回の作業で全てのキャンペーンに除外キーワードを適用させることが出来ます。


| 投稿時間 :2014年9月24日 17:39

AdWords広告で日々行なっている施策が毎回必ずしも上手くいくとは限らないと思います。

あれこれ施策を行った結果以前よりも効果が下がった場合などは、効果が良かった時点に戻して再度仮説から立てなおして施策をするということも時には必要です。

AdWordsにはクリックひとつで簡単に行なった施策を元に戻すことが出来る機能があります。

メイン画面のグラフの右側にある「変更履歴を表示」というテキストリンクをクリックし、表示された画面の右側にある矢印をクリックするともとに戻すことが出来ます。
img081902

img081901


| 投稿時間 :2014年8月19日 10:44
プロフィール

株式会社プルーブ代表 松竹延浩
インターネット広告を出すからには、最終的に利益が増えなければ 全く意味がありません。少しでも皆さんの参考になるように最新情報も交え できるだけわかりやすくご案内します。
カテゴリー
最近のエントリー
月別アーカイブ