新着情報

先日、お客様インタビューでお世話になった動画制作会社の方と提携して、リスティング広告と動画を組み合わせて面白い企画をやることになりました。

インターネット広告では、広告をクリックした後に表示させるランディングページの内容(コンテンツ)がものをいいます。BtoBのサービスの場合がコンバージョン率0.5%前後、BtoCのサービスの場合が1.0%前後とは言われていますが、これはあくまでも平均値といいますか、他社と比較して見劣りがしない内容であったり、商品価格であったり、そのたの付加価値によって参考にできる数値であって、十分に訴求できていないページないようですと、当然ながらコンバージョン率は下がります。

弊社のインターネット広告お客様の声のように、ユーチューブを利用してランディングページに動画を設定することで通常の画像やテキストのみでは伝え切れなかった商品の質感であったり、人の声から伝わるニュアンスなどを伝えるとコンバージョン率は上がるのではないかと思っています。まだ、しっかりとしたデータを蓄積できてはいないのですが、弊社のクライアント様で動画を効果的に取り入れられているクライアント様では、やはりコンバージョン率が高いので、これは是非とも形にしたいと思います。

 

(さらに…)


| 投稿時間 :2009年6月3日 09:36

品質インデックスについてはご存知の方も多いと思います。

インターネット広告(リスティング広告)のYahoo!プロモーション、アドワーズ広告において、クリック単価と品質インデックスの高さで掲載順位が決定されるものです。5段階の評価がされ、平均は3と言われています。

この品質インデックスは【広告】にのみ付与されていると考えられがちですが、実は【キーワード】に付けられているのです。

品質インデックスが上がれば、必然的に同じ順位ではクリック単価が下がるのですが、品質インデックスの評価基準で唯一分かっているのが【クリック率】を上げること。でも、クリック率が高くても品質インデックスが上がらないときもあります。どうしてか?

品質インデックスは【相対的なもの】なので、他社の広告との比較で付与されているので自社の広告だけを見ていても判断できません。SEO対策で話題になるアルゴリズムと同じで、品質インデックスの評価基準についてはブラックボックスになっているのですが、実践レベルで試行錯誤した結果としては、同じ広告グループに余りにも大量のキーワードを詰め込んだりすると品質インデックスは下がる傾向にあります。

また、インプレッション数が極端に多い、いわゆるビッグキーワードは1キャンペーン、1広告グループに独立させて入札すると品質インデックスがそれほど下がらない、もしくは下がりにくいと感じています。あくまでも推測の域を出ませんが。また、クリック率を上げる際によく用いられることですが、広告文のタイトルにキーワードを埋め込むという手法ですが、これは確実にクリック率は上がるのですが、やりすぎるとコンバージョン率が低下します。

 

(さらに…)


| 投稿時間 :2009年6月2日 09:42

無料のアクセス解析ツール(Google Analytics)を導入されている企業様も多いのではないでしょうか?弊社でインターネット広告・リスティング広告の管理代行を依頼されるお客様の中でも最も多く導入されているアクセス解析なのですが(やはり無料で高機能ということが大きい)、十分に活かしきれていない企業様がほとんどのように思います。

例えば、この記事をご覧になられているあなたは、下記のことをご存知ですか?

1.有料のPPC広告経由、オーガニック検索経由でのそれぞれの数値を切り分けて解析できる。

2.同業他社のサイトとの比較(ベンチマーク)で自社サイトが置かれている位置が分かる。

3.コンバージョンに至るまでの目標達成率を段階別に設定し、どの段階で何%離脱したかが分かる。

などなど

他にも非常に多くのことが分かります。初期段階では、このグーグルアナリティクスを利用して、大切な広告費用はリスティング広告やSEO対策費用に当てた方が、御社にとってメリットが大きいと思います。

(さらに…)


| 投稿時間 :2009年6月1日 10:28

今年に入ってから毎月通っている自由が丘の歯科の先生と何気なく世間話をしていたところ、どんな仕事をしているのかとの質問に、「インターネットの検索エンジンで表示される広告で・・・」と分かりやすく説明しようとしたところ。「ああ、PPC広告ですか?」と切り返されちょと驚きました。

この先生はご自分で研究され、広告を出されているそうで、質問の内容からしても結構勉強されていると感じました。

が、しかし・・・

つまづく所は結構みな同じだと感じた瞬間でもあります。

まさか、休日に通った歯科で「品質インデックスは・・・」とか具体的な質問を頂くとは思っていなかったのですが、我々も更に知識と技術を磨いていかないと淘汰されるなと危機感を感じました・。


| 投稿時間 :2009年5月30日 19:12

インターネット広告を行う企業様にとって、検索したキーワードで広告が表示されないということは非常にストレスを感じられると思います。【A】というキーワードで表示するようにして欲しい。というご依頼は本当に多く、そのたびにご説明するのですが、アドワーズ広告では、検索数自体が少ないキーワードは、そもそも表示させない仕組みになっています。

これは、Yahoo!プロモーション広告の場合とは大きく異なり、アドワーズ独自の仕組みのようです。広告が表示されない理由としては、審査にかかっている場合、検索数が少ない場合、最低入札価格に達していない場合など様々ですが、管理画面上から理由を確認できるのでいつでも対策は打てます。

(さらに…)


| 投稿時間 :2009年5月22日 09:36

何気なくヤフーで検索していると、何となく違和感を感じました。

いったいどこが変わったのだろう?とよく見てみると、ヤフーのロゴが画面の右に移動したり

左に移動したりと不安定な状態になっていました。

まだあまり詳しくは調べていませんが、恐らく右側に固定で落ち着くんだろうなと思っています。

視認性の高いロゴなので、検索ユーザーの視点が右側に移動しやすくなり、リスティング広告掲載欄のクリック率も上がるのではないかと思います。

(さらに…)


| 投稿時間 :2009年5月15日 15:48

ここ数ヶ月の間、業務提携している会社様からの案件が急増しています。

業務提携した直ぐは、ぽつぽつ受注するという感じなのですが、最初の数社の効果が上がると、別のサイトも頼みたい、または知り合いの会社を紹介してもらったりと、後々になって増える傾向にあります。

逆に、想像していた以上に効果が上がらない場合には、そこからの口コミは当然のように発生しません。ここを何とかするのが一番大事なところで、ライバル会社の広告や、ランディングページを調べたり、価格帯や提供先、支払い方法、クライアントの属性など調べていき、場合によってはホームページの修正をご提案しています。

インターネット広告では、リスティング広告、SEOなどでもそうですが、

(さらに…)


| 投稿時間 :2009年5月15日 15:48

ホームページをフルリニューアルしました。CMS化して、ページ作成のスピードを上げようと思っています。

ビジネスブログという言葉を聞いたことはありませんか?概ねこのカテゴリーに属するつくりになっています。ブログシステムのMovableTypeを使用し、複数のブログを組み込んであります。

リスティング広告と、ブログシステムの強みを生かして、より反響を上げる提案をしていきたいと思います。

 

(さらに…)


| 投稿時間 :2009年5月15日 15:47
プロフィール

株式会社プルーブ代表 松竹延浩
インターネット広告を出すからには、最終的に利益が増えなければ 全く意味がありません。少しでも皆さんの参考になるように最新情報も交え できるだけわかりやすくご案内します。
カテゴリー
最近のエントリー
月別アーカイブ