リスティング研究ブログ

Yahooリスティング広告の曜日別集計

Yahooリスティング広告でもGoogleAdWords広告でも可能ですが、キャンペーン、広告グループ単位のデータを日別だけではなく、曜日別に集計することができます。

例えば、過去3ヶ月間を曜日ごとに集計し、反響の良い曜日、あるいは思わしくない曜日を見つけ出し、予算配分に活かすことができます。土日は申し込みが多いので2割ほど予算を多めにし、月曜、火曜は少し下げるなど。店舗型のサービスを行なっている方は、週末に来店を促進するために予算配分の緩急をつけてみてはいかがでしょうか? 


| 投稿時間 :2012年10月3日 10:01

既にお気付きの方も多いかもしれませんが、ヤフーリスティングの新バージョンでは、既存の広告文の変更を行う場合には、編集はできず、新たに広告文を追加する必要があるようです。
下記ヤフーリスティング広告からの回答

広告(タイトル、説明文、表示URL、リンク先URL)の変更はできません。変更をご希望の場合には、お手数ですが、コピー機能を利用して新たに広告作成を行ってください。また、不要な広告は削除してください。

広告作成時に同一広告グループ内の広告広告名、タイトル、説明文、表示URL、リンク先URL)をコピーして、広告を作成することができます。操作手順は、下記広告の作成ページをご確認ください。

http://yahoo-jp-ss.custhelp.com/app/answers/detail/a_id/1783/kw/%E5%BA%83%E5%91%8A%E6%96%87%E3%81%AE/related/1 


| 投稿時間 :2011年11月17日 16:48

ヤフーリスティング広告で、承認済み掲載内容への

掲載ガイドラインが変更になりますのでお知らせします。

今まで審査にかからなかった使用できる記号が

今後は審査にかかりますよいうアナウンスです。

 

一旦、2011年5月9日(月)より適用とのアナウンスが流れましたが

その後、訂正されて詳細が確定次第に適用日がアナウンスされるようです。

 

今のところ、下記の記号を使用して広告表示できているものでも

今後は審査にかかり非表示になる可能性が高いのですが

弊社にご依頼いただいているアカウントは修正を行いますので

ご安心ください。

 

もしこのブログをご覧いただいている方で、別のアカウントをお持ちの場合には

ご参考いただければと思います。

 

大規模なアカウントの場合、修正にも時間がかかってしまいますが

エクセルでダウンロードし、広告文のみ表示に切り替えて

置換をかければ、それほど時間はかかりません。

 

広告掲載ガイドライン

http://listing.yahoo.co.jp/support/editorial/ss/06/style_mark.html

 

上記に記載してある記号の内、”《》”は、見た目は半角に見えますが

これは全角です。ご参考まで。

 

 

———-下記、ヤフーからのアナウンス内容———-

 

【変更/追加となる掲載ガイドラインと対象サービス】

 

対象サービス:

スポンサードサーチ

 

・「スタイルガイドライン」>「使用できる文字」から以下を削除

`〃〆[]{}〈〉「」『』<>∞$#*※〒≪≫♪

 

・「スタイルガイドライン」>「文字数」の変更

(変更前)

キーワードは100文字、タイトルは15文字、説明文は33文字以内で

作成してください。

(変更後)

キーワードは80文字、タイトルは15文字、説明文は33文字以内で

作成してください。

 

対象サービス:

スポンサードサーチ モバイル

 

・「スタイルガイドライン」>「使用できる文字」から以下を削除

`〃〆[]{}〈〉「」『』∞#*※〒≪≫♪

 

・「スタイルガイドライン」>「文字数」の変更

(変更前)

キーワードは100文字、タイトルは12文字、説明文は14文字以内で

作成してください。

(変更後)

キーワードは80文字、タイトルは12文字、説明文は12文字以内で

作成してください。

 

———-ここまで———-

 


| 投稿時間 :2011年4月19日 18:42

驚きのニュースが入ってきました。

すでにご存じの方も多いかと思いますが、ヤフーの検索エンジンがグーグルの検索エンジンに代わるようです。

http://japanese.engadget.com/2010/07/27/yahoo-japan-google/

http://googlejapan.blogspot.com/2010/07/yahoo-japan.html

2001 年から 2004 年にはヤフー株式会社に対し、Google の検索エンジンを提供していたわけですが、本日、また元に戻ったということになります。

リスティング広告代行を行う上では衝撃のニュースで、bingに変わるのでは?という見方が多かっただけに正直驚いています。

——————–下記引用——————————————-

Google はさらに、ヤフー株式会社に対して、検索連動型広告配信プラットフォームを提供します。すなわち、Google の技術が、ヤフー株式会社による検索連動型広告の提供、ターゲット及びレポートをバックエンドで支えることになります。ヤフー株式会社は引き続き広告の獲 得や広告キャンペーンの展開を行います。なお、両社の広告主および広告のデータは完全に分離して保持されます。

——————–引用ここまで——————————————-

という発表ですので、アドワーズ広告に一本化されるということではなく、今まで通り分離して管理する流れになると思われます。今までデフォルトでは設定できなかった広告配信の時間設定なども、ヤフーリスティング広告でできるようになるのかもしれません。


| 投稿時間 :2010年7月27日 16:19

「ヤフーリスティング広告でクリック数がゼロなのにコンバージョンがカウントされている」そんな経験はないでしょうか?

検索ユーザー様が過去45日以内に設定された広告経由でサイトに訪問し、後日コンバージョンに至った場合たとえその日のクリック数がゼロでもコンバージョンがカウントされるんです!

これは、ヤフーリスティングのシステム上45日間cookieを保存しコンバージョンに反映できるようになっているためで例えば、お気に入りやブックマークに入れている場合や自然検索で訪れたといった場合にこのような現象が起こります。

これは別の見方をすると、46日以上前に広告経由で訪問された検索ユーザー様のコンバージョン数をカウントしないということなので実際に管理画面上に表示されるコンバージョン数と実際のコンバージョン数とのズレが生じるということになります。


| 投稿時間 :2010年7月1日 14:12

ヤフーリスティング広告の配信先が、何と、中国の検索エンジンBaidu.jp(バイドゥ)で表示されることが発表されました。

対象は、PC、モバイルの両方で、ヤフー株式会社からのアナウンスでは、2010年5月から順次リリース予定とのことです。

中国国内では、圧倒的なシェアを誇るバイドゥですが、日本では、まだ認知度も低く

今後の広告費用対効果が気になるところです。

中国国内にも広告表示を手軽にできるようにならないのでしょうか?

情報が入り次第お知らせしたいと思います。


| 投稿時間 :2010年5月10日 13:02

広告文を作成して、登録が終わり、ひと安心。。。といってもスタイルガイドライン違反で広告が表示されないという経験があるのではないでしょうか?このほど、Yahoo!リスティング広告の使用不可の記号が自動変換されることになりました。対象サービスは「スポンサードサーチ」および「スポンサードサーチ モバイル」です。変換対象となる使用不可記号および自動変換後の記号の例としましては、
<対象記号>  →  <自動変換後>
―     →     -
【 】    →     [ ]
“ ”    →    ‘ ’
・(半角中黒) →     ・(全角中黒)
などがあるようです。

これで、少しは手間が軽減されるかもしれません。

スポンサードサーチ スタイルガイドライン
http://listing.yahoo.co.jp/support/editorial/ss/06/
スポンサードサーチ モバイル スタイルガイドライン
http://listing.yahoo.co.jp/support/editorial/ssm/06/


| 投稿時間 :2010年3月9日 17:17

Yahoo!プロモーション広告のコンテンツマッチ広告の掲載が7月31日で終了します。今後はインタレストマッチで対応するようです。興味関心型広告のインタレストマッチは”みんなのパナマ”でもコツを公開していますが、掲載箇所を意識したキーワード登録が必要です。絞りこみすぎるキーワード登録よりも、話題性のあるキーワードで関連性の高いキーワードは無いか?検討することが必要です。

7月31日以降もコンテンツマッチへ登録はできても、掲載はされませんので、アカウント内のコンテンツマッチ登録部分を早急にオフ設定にしなくても良いようです。

インタレストマッチは代理店経由で申し込む場合、アカウントの公開が難しいので、その点注意が必要です。


| 投稿時間 :2009年7月22日 11:24

Yahoo!プロモーション広告をはじめて、最初にぶつかる壁が審査関連だと思います。

特に健康食品、医療関連などは、”効果効能”を謳っていないかどうか?の判断基準が問題になってきます。管理画面上では、ある程度の不承認原因については表示されますが、その特定は容易ではありません。

最近でも弊社クライアント様で審査にかかり広告が表示されにくくなったことがありましたが、多くは飛び先のランディングページに原因があるようです。ここで注意したいのが表示されるページに設置してあるリンク先情報までも考慮される点です。

ページ内は問題が無くても、リンク先にガイドラインに抵触するような文言がひとことでも書いてあると広告がストップしてしまいます。リンク先は慎重に選びたいですね。相互リンクもしかりです。

商品に与えられている医療用具許可番号や医療機器許可番号などを掲載すれば、効果効能を謳っていても審査に通る場合もありますので、もしそのような記述があれば試してみてください。


| 投稿時間 :2009年7月7日 13:28

品質インデックスについてはご存知の方も多いと思います。

インターネット広告(リスティング広告)のYahoo!プロモーション、アドワーズ広告において、クリック単価と品質インデックスの高さで掲載順位が決定されるものです。5段階の評価がされ、平均は3と言われています。

この品質インデックスは【広告】にのみ付与されていると考えられがちですが、実は【キーワード】に付けられているのです。

品質インデックスが上がれば、必然的に同じ順位ではクリック単価が下がるのですが、品質インデックスの評価基準で唯一分かっているのが【クリック率】を上げること。でも、クリック率が高くても品質インデックスが上がらないときもあります。どうしてか?

品質インデックスは【相対的なもの】なので、他社の広告との比較で付与されているので自社の広告だけを見ていても判断できません。SEO対策で話題になるアルゴリズムと同じで、品質インデックスの評価基準についてはブラックボックスになっているのですが、実践レベルで試行錯誤した結果としては、同じ広告グループに余りにも大量のキーワードを詰め込んだりすると品質インデックスは下がる傾向にあります。

また、インプレッション数が極端に多い、いわゆるビッグキーワードは1キャンペーン、1広告グループに独立させて入札すると品質インデックスがそれほど下がらない、もしくは下がりにくいと感じています。あくまでも推測の域を出ませんが。また、クリック率を上げる際によく用いられることですが、広告文のタイトルにキーワードを埋め込むという手法ですが、これは確実にクリック率は上がるのですが、やりすぎるとコンバージョン率が低下します。

 

(さらに…)


| 投稿時間 :2009年6月2日 09:42
プロフィール

株式会社プルーブ代表 松竹延浩
インターネット広告を出すからには、最終的に利益が増えなければ 全く意味がありません。少しでも皆さんの参考になるように最新情報も交え できるだけわかりやすくご案内します。
カテゴリー
最近のエントリー
月別アーカイブ