リスティング研究ブログ

Googleの検索結果でプレミアムポジション表示広告の変化

Googleの検索結果でプレミアムポジションに表示される広告の

タイトル文字数に変化がありましたのでお知らせします。

 

 

既に気付かれているかもしれないのですが

今までのタイトル文字(制限全角15文字)に続き

表示URLがタイトルに埋め込まれています。

 

この事で、プレミアムポジションに表示される広告の

クリック率が上がる可能性がありますし、表示URLが目立つので

ここも工夫する必要がありそうです。

 

また、Google画面右側にある【場所を登録】を

ご存知でしょうか?

 

ここに、例えば「港区三田」と登録しておくと

グーグルアカウントでログインしていなくても

検索結果に変化が出てきます。

 

この状態で【美容室】などと検索すると

右側には小さなマップが表示され

検索結果にもプレイスページの結果が表示されます。

 

もしかすると、今後、この機能を使う人が増えてきたら

【美容室 三田】などの地域名との複合キーワードでの

検索回数が減り、ビッグキーワードでも限られた地域内での

競争となり、過剰なクリック単価の上昇が収まるように

なるかもしれません。



| 投稿時間 :2011年5月19日 11:24
プロフィール

株式会社プルーブ代表 松竹延浩
インターネット広告を出すからには、最終的に利益が増えなければ 全く意味がありません。少しでも皆さんの参考になるように最新情報も交え できるだけわかりやすくご案内します。
カテゴリー
最近のエントリー
月別アーカイブ