リスティング研究ブログ

リスティング広告の運用では、キーワードの追加や広告文の修正などやることがとても多いと思いますが、その中で、よく言われるPDCAを回す、つまり改善をしていくためには、いつ?何を?どうした?などの履歴が重要になることが多々あります。

毎月まとめて考察を出すことも大切ではありますが、日々の運用の中で、いつ何をした?という記録を残す方が改善点を見つけやすいと思います。

『では、次から何すればいいの?』という問いに即答できる人は比較的少ないのではないでしょうか?そんな時に活躍するのが、弊社で編み出した『メンテナンス履歴レポート』です。

リスティング広告の運用履歴を残したレポート

上図①には、その月に行なった施策を表示し、それと連動して3つのグラフ上に縦の点線が表示されます。

折れ線グラフに大きな変化は、キーワードを追加したとか、マッチタイプを変更したとか、何らかの施策を行なった際に現れやすいと思うのですが、この変化に比較的気が付きやすいのです。

施策は何もリスティング広告内に行なったものだけに限定する必要はありません。

例えば、テレビで取り上げられたとか、雑誌や新聞に掲載されたとか、あるいはイベント事として花火大会やマラソン大会などでもリスティング広告データに連動しそうな事柄を書き留めておいても参考になります。

大雪で交通機関が麻痺するほどだったなどと書き留めてあった場合、例えばその日はクリック数やコンバージョン数が他の日に比べて多かったという事実を把握できたとします。仮説として、悪天候の場合には室内にいることが多いために検索回数も増え、コンバージョン数が増えるのではないか?とすると、次回以降に天気を参考にして予算を引き上げることも可能ですね。

リスティング広告運用というと、どうしてもキーワードや広告文などばかりに目が行きがちですが、時には目線を変えることも必要だと思います。

参考:リスティング広告レポート作成システムのリスポ


| 投稿時間 :2013年5月13日 16:17

Googleの新機能のご紹介をさせていただきます。

少しソーシャルマーケティングの色が出てきているようです。

ご存知の方も多いかもしれませんが

Googleの検索結果でも+1ボタンがリリースされています。

アドワーズ広告の右側に+1ボタンが表示され

Googleにログインした状態でこのボタンをクリックすると

誰が評価しているのかが表示され、広告をクリックする前に

一定の評価を知ることができます。

http://googlejapan.blogspot.com/2011/06/1.html

 

「いい!」と思うにウェブページ出会ったら

「+1 」ボタンをワンクリックするだけで

その評価を友人や知り合い広くユーザーと共有することができます。

広告をクリックする前に、例えば友人がおすすめしていることが

一目でわかるようになるようです。

このボタンはサイトにも掲載できるようです。

Google ウェブマスター セントラルの +1 ボタンツール

http://www.google.com/intl/ja/webmasters/+1/button/

 

+1 ボタンは AdWords の品質スコアに影響はなく、

広告ランクとクリック単価は、これまでどおり AdWords の過去の掲載結果や

クリック率などの情報に基づいて計算されます。

更に詳しい情報は下記URLに記載してありますので

ご参考にされてください。

https://adwords.google.com/support/aw/bin/topic.py?hl=ja&topic=1152956


| 投稿時間 :2011年6月28日 10:40

Googleの検索結果でプレミアムポジションに表示される広告の

タイトル文字数に変化がありましたのでお知らせします。

 

 

既に気付かれているかもしれないのですが

今までのタイトル文字(制限全角15文字)に続き

表示URLがタイトルに埋め込まれています。

 

この事で、プレミアムポジションに表示される広告の

クリック率が上がる可能性がありますし、表示URLが目立つので

ここも工夫する必要がありそうです。

 

また、Google画面右側にある【場所を登録】を

ご存知でしょうか?

 

ここに、例えば「港区三田」と登録しておくと

グーグルアカウントでログインしていなくても

検索結果に変化が出てきます。

 

この状態で【美容室】などと検索すると

右側には小さなマップが表示され

検索結果にもプレイスページの結果が表示されます。

 

もしかすると、今後、この機能を使う人が増えてきたら

【美容室 三田】などの地域名との複合キーワードでの

検索回数が減り、ビッグキーワードでも限られた地域内での

競争となり、過剰なクリック単価の上昇が収まるように

なるかもしれません。


| 投稿時間 :2011年5月19日 11:24

新規クライアント様のお申し込みや取材などで随分ブログをサボってしまいました。。

新規クライアント様のカテゴリーは、【書籍販売】【動画制作】【美術品輸送】【システム構築】【ビックサイトイベント】【インプラント歯科医院】などなど。1業種1社様に限定させていただいていますので、徹底的に効果アップするようご提案していきます。

今年の10月に港区三田に事務所移転します。慶応大学直ぐ前でアクセスもかなり良いです。


| 投稿時間 :2009年8月29日 13:59

今朝の日経新聞で「成果報酬型広告」は好調を持続という記事が掲載されていました。

検索エンジン対策(SEO対策)の延びが鈍化し、大手広告代理店の収益を圧迫しているようですが、気になるのは粗利率80%というSEO対策。そもそも、価格設定がおかしいのではないかと思います。人的なリソースの負担やスキルアップのために先行投資しているのであれば、全てを加味した設定ということで納得は行くかもしれませんが、日経であれほど大きく取り上げられていればユーザーは懐疑的になるのではないでしょうか?

成果報酬型の広告サービスというのは私も賛成ですが、公平性を保つのが非常に難しいと思います。商材によっては、直接購入に至るものもあるでしょうし、まずは問合わせをして、営業による成約を目指す、いわゆる「ツーステップビジネス」と呼ばれるものもあるでしょうし、または一括見積りをとる場合もあるでしょう。

当然ながら、上記の場合の難易度は異なるわけで、完全に成約し利益が確定した内の何%という成果報酬型をとる場合には、更に煩雑になると思います。

申し込む企業さまにとっては、最も安全ですが、申し込み企業様の数が増えるにつれて作業量も膨大になり、結果としては値上げをせざるを得ない状況になるのではないかと思います。今後は成果報酬型を導入していきたいと思っていますが、初期段階で慎重に「決まりごと」を明確化して取り組みたいと思います。


| 投稿時間 :2009年6月23日 10:46

リスティング広告の管理では、キーワード数の増加に伴い、作業量も膨大になります。ただし、作業に関わることの多くは自動化できるので、システムでできることはシステムに任せ、できるだけ人の手を借りずに運営ができ、かつ効果を上げるためのご案内をしています。広告代理店の中でも様々なツールを使用していますが、弊社では国内の広告管理ツールシェア1位のアドエビスを提供している会社様と提携し、AutoBidというツールを使用しています。

毎月限定10社様のみにご案内している【ライトマネージドサービス】では、管理費用が10%という、今までにない低価格で、しかもYahoo!プロモーション広告においても時間設定などもでき、曜日などでも予算配分を設定できるという次世代管理ツールと成っています。

事前にルールを細かく設定できるので、デフォルトの状態ではできなかった夜間の管理なども容易です。


| 投稿時間 :2009年6月20日 15:32

何気なくヤフーで検索していると、何となく違和感を感じました。

いったいどこが変わったのだろう?とよく見てみると、ヤフーのロゴが画面の右に移動したり

左に移動したりと不安定な状態になっていました。

まだあまり詳しくは調べていませんが、恐らく右側に固定で落ち着くんだろうなと思っています。

視認性の高いロゴなので、検索ユーザーの視点が右側に移動しやすくなり、リスティング広告掲載欄のクリック率も上がるのではないかと思います。

(さらに…)


| 投稿時間 :2009年5月15日 15:48
プロフィール

株式会社プルーブ代表 松竹延浩
インターネット広告を出すからには、最終的に利益が増えなければ 全く意味がありません。少しでも皆さんの参考になるように最新情報も交え できるだけわかりやすくご案内します。
カテゴリー
最近のエントリー
月別アーカイブ