リスティング研究ブログ

アドワーズモバイル広告で反響の良い商材

アドワーズモバイル広告に限らず、Yahoo!プロモーションモバイル広告でも同じですが、モバイル検索結果からの反響で比較的コンバージョンに至りやすい商材といえば・・・

”悩み系”です。といいますか、弊社で管理させていただいている多くのクライアント様の中でも、結果が出ています。

パソコンで大っぴらに検索しにくかったり、一人のときに、移動中に普段悩んでいることなどを検索するのではないかと推測できます。

インターネット広告の中でも、パソコンで検索するユーザーと、モバイルで検索するユーザーとでは、キーワードごとのインプレション数にかなりのばらつきがあります。当然ですが。。。

検索する時間帯なども特徴があり、会社などで休憩時間にあたると思われる12時から13時の間や、夜10時以降などに検索数が上がる傾向にあるのがモバイル検索です。

1日の予算を十分に確保できない場合には・・

広告表示時間を限定する方法が有効だと思います。つまり、検索数が増える時間帯に集中して広告配信し、その他の時間帯には広告を表示させないという方法がひとつ、逆に、広告費がかさむ時間帯をずらして表示するという方法がひとつ、もうひとつは、問い合わせをして欲しい時間帯だけに表示させるという方法が考えられます。

リスティング広告では、日々様々な新しい機能などが追加され、暫く携わっていないと直ぐに取り残されがちですが、重要なのは底ではなく、検索する顧客の心理ではないかと思います。検索ユーザーの購入欲求が高い時にうまく訴求できれば効果は高まるはずです。



| 投稿時間 :2009年6月5日 09:24
プロフィール

株式会社プルーブ代表 松竹延浩
インターネット広告を出すからには、最終的に利益が増えなければ 全く意味がありません。少しでも皆さんの参考になるように最新情報も交え できるだけわかりやすくご案内します。
カテゴリー
最近のエントリー
月別アーカイブ