リスティング研究ブログ

リスティング広告のキーワード数はどれくらいがいいのか?

リスティング広告のキーワード数は何個くらいがいいのですか?というご質問をいただきました。

キーワードの数は多ければ多いほど良いというわけではなく、見込みの高いキーワードを数十個登録するだけでも効果を上げることは十分可能です。サイト内容によるのですが、例えば、販売商品の固有名詞を非常に多く登録してあるサイトの場合にはその分だけキーワード数は増やすことを検討するべきでしょうし、ひとつの商品だけを取り扱っているサイトの場合、キーワード数が数千個などになるということは、そもそも有り得ないのではないかと思います。

サイトのページ数が少なく、コンテンツも少ないのに、キーワード数ばかり多く登録しても反響は上がりにくいと考えています。

例えば、【名刺入れ】を販売しているサイトの場合、【名刺入れ 販売】など直接購入に結びつきやすいキーワードで登録し、反響が取れなければ、キーワードを追加する前にサイト内コンテンツを見直すか、サイトのコンセプト自体を変更した方が良いと思います。

【エッジを効かせる】をいう言い方をよくするのですが、”特徴”が無いと売れにくいというのがネット販売の特徴です。【紅茶】を売るなら【無添加の紅茶】や【ダイエット専用紅茶】など、最低でも、普通の紅茶ではないことをアピールするべきでしょう。その分、ターゲットユーザーも絞り込まれますし、訴求ポイントがはっきりします。

 



| 投稿時間 :2009年7月8日 10:36
プロフィール

株式会社プルーブ代表 松竹延浩
インターネット広告を出すからには、最終的に利益が増えなければ 全く意味がありません。少しでも皆さんの参考になるように最新情報も交え できるだけわかりやすくご案内します。
カテゴリー
最近のエントリー
月別アーカイブ