リスティング研究ブログ

リアルとネット広告を同時に考えることも重要

先日、船井総研様をご訪問し、リスティング広告管理代行についてお打ち合わせさせていただきました。

全国へ向けて商品をお送りするECサイトについて意見を求められ、下記の点をご提案させていただきました。

・全国発送の場合でも、広告表示エリアを発送元に近い場所、もしくは関東圏などまとまったロットで発送できると見込める場所に絞れば、送料をカットしやすくなる。

・昼と夜で検索ユーザーの属性が変わると思われる場合、ある一定の時間帯で広告とランディングページが切り替わるようにすれば反響が上がりやすい

・固有名詞を軸にした広告展開を行うことで、高いコンバージョン率を維持できるため、重要キーワードのインプレッションシェアをぎりぎりまで下げない工夫が必要

・発送元に近いエリアへ広告表示させる場合(同じ県内など)は、お客様に受け取りに来ていただければ送料が発生しない旨の文面とLPを別に準備する。

単なる広告管理だけならば、社内で全て出来ると思いますが、上記のような発想は、意外と出てこないのではないでしょうか?ウェブだけで完結しようとする、CPAにこだわる、掲載順位にこだわるなど、確かにどれも重要ですが、最も重要なことは利益の最大化です。



| 投稿時間 :2010年9月14日 10:13
プロフィール

株式会社プルーブ代表 松竹延浩
インターネット広告を出すからには、最終的に利益が増えなければ 全く意味がありません。少しでも皆さんの参考になるように最新情報も交え できるだけわかりやすくご案内します。
カテゴリー
最近のエントリー
月別アーカイブ