新着情報

リマーケティング広告を出稿されたことがあるという方も多いと思いますが、リストを共有できることはご存知でしょうか?

▼同一のAdWordsアカウントの場合

AdWordsアカウント内からリマーケティング広告用のタグを発行し全てのページに設置するというのが通常のリマーケティング広告設定の流れかと思います。

多くの方は、同じドメイン内にこのリマーケティングタグを設置し、下記のような組合せリストを作成してイメージ広告などで追跡しているのではないでしょうか?

  • 1.サイト内に訪問した全てのユーザー
  • 2.コンバージョンした(サンクスページを表示した)ユーザー
  • 広告配信する対象 :上記の1から2を差し引いたユーザー

最もオーソドックスな組合せだと思いますが、仮に自社で運営しているサイト(別のドメイン)が他にもあり、ターゲットが近い場合には、ドメインが異なっていたとしてもリストを使用することが出来ます。

例)

サイトA)http://www.abc.co.jp

サイトB)http://www.xyz.co.jp

  1. 上記の2つのサイトに共通のリマーケティングタグを全ページに設置する。
  2. サイトBにリマーケティング広告専用のキャンペーンを作成しバナーを登録する。
  3. サイトAで収集したリストもサイトBのリマーケティング広告の配信対象に利用できる。

自社で複数のサイトをお持ちの方は是非トライしてみてはいかがでしょうか?

▼異なるAdWordsアカウントの場合

異なるアカウントのリストを共有することは可能です。この場合にはGoogle社に連絡した後、同意書が必要となります。

補足

※リマーケティングリストの有効期限は変更してもリストはリセットされませんので、有効期間を540日など長期にしたままのリストを60日などの短い期間に変更するのは問題ありません。

変更後は60日間の有効期限でリスト化されます。


| 投稿時間 :2014年3月13日 16:51

Yahoo!プロモーション広告でも、Google AdWords広告でも、日々のメンテナンスを行なう際に除外キーワード(対象外キーワード)を登録されていると思いますが、気をつけるべきことがあります。

普段、キーワード登録する時には、マッチタイプとして、完全一致・部分一致・フレーズ一致・絞り込み部分一致など、慎重に登録してはいても、除外キーワードとなると、つい部分一致のまま登録しているお客様アカウントをよく見かけます。

部分一致で除外してしまうと、広い範囲で除外される可能性があるため、オススメはフレーズ一致で除外することです。ひとつの単語なら、部分一致と同じでしょ?と聞かれることがありますが、これは違います。コンバージョンに至る重要なキーワードさえも除外しているかもしれませんので、部分一致で登録されている方は、フレーズ一致へ変更してみてください。


| 投稿時間 :2013年12月4日 14:39

Capture_2013_11_26_10_52_51_823

AdWords広告のキャンペーン設定で上図のように広告を表示させる地域を設定できる箇所があります。

例えば、東京と神奈川県だけに広告を表示させて、その他の都道府県には広告を表示させないという設定ができます。ご存じの方も多いと思いますが、案外見落としがちなのが、詳細設定の部分になります。

Capture_2013_11_26_10_53_32_831

設定変更する前(デフォルト)では、一番上の【ターゲット地域にいるユーザーと、ターゲット地域に関する情報を検索、閲覧しているユーザー(推奨)】にチェックが入っていますが、特定の都道府県だけに表示させたい場合には、真ん中の【ターゲット地域にいるユーザー】にチェックを入れる必要があります。

東京にいる人にだけ広告を表示させたい場合

デフォルトの推奨設定のままでは、神奈川県にいる人で東京の事を検索している人にも表示されます。

例えば、検索するキーワードとして、【弁護士事務所 東京】などですね。

東京都内にだけ広告を出しているつもりが、他の都道府県にも表示されていたということが起こりがちです。

 


| 投稿時間 :2013年11月26日 11:07

Google AdWords広告のディスプレイ広告やリマーケティング広告などで良く利用されるイメージ広告は、1度登録したら終わりではなく、定期的に更新することが大切です。
AdWordsEdita
しかし、登録するバナーの数が多いと、つい後回しにしたくなりますよね?

普段からAdWords Editaを使用されている方はご存知だと思いますが、このEditaを使ってバナーを登録すると、とても簡単なのでご紹介します。

上図の赤い四角枠(『複数のイメージ広告を追加/更新』 →『画像ファイルを参照』)を順にクリックすると、登録したいバナーを選択できますが、1度にいくつでもバナーを選択できるため、作業としては1回でバナーの登録が完了します。

この機能を利用して、是非定期的にバナーの差し替えを行ってみて下さい。

定期的な割引キャンペーンなどに合わせてバナーを更新されるとCV数アップなどの効果を実感できると思います。


| 投稿時間 :2013年9月12日 15:30

AdWords広告の新しい機能として【キーワードプランナー】というものが実装されているようです。

キーワードプランナー

キーワード プランナーは、キーワード ツールと御見積計算ツールを統合したようなツールで、キーワード候補の取得やトラフィックの見積もりなども出来てしまいます。

キーワードプランナー

上図のように大きく分けて3つの機能があり、ターゲット設定や検索のカスタマイズ、キーワードオプションも選択できるようです。

キーワードと広告グループの候補を検索する際に、『●●という語句を含む/含まない』などの抽出条件を指定できるのは便利だと思います。

 

キーワードプランナー

また、上図のように、キーワード掛け合わせツールもあるので、ここで生成したデータをアカウント内に反映させることが出来て便利です。右端の×(かける)マークをクリックすると、3語の組合せも生成できます。

マッチタイプも選択出来るようですので試してみてはいかがでしょうか?


| 投稿時間 :2013年6月13日 14:51

GoogleAdWords広告には、実際にGoogle検索すること無く、広告がどのように表示されているかを確認することができるツールがあります。

広告プレビューツール

『ツールと分析』 →『広告プレビューと診断』から検索クエリを入力して確認することができます。

広告プレビューツール

これを使うことで、実際の検索結果のインプレッション数を増やすこと無く広告表示を確認できます。

 

つまり、自社の広告がどの位置に表示されているかを確認するためにGoogle検索してムダにインプレッション数を増やすことがないのです。これはクリック率の低下も防ぐ事ができます。

また、例えば、東京に居ながらにして、他の地域ではどのように表示されているかを確認することができます。

上図の『地域』に例えば大阪と入力して検索すると、大阪の人が見ている検索結果を確認することができます。

デバイスも変更できますのでとても便利です。

ちなみにYahoo!にも広告プレビューツールはございます。

 


| 投稿時間 :2013年5月30日 14:13

リスティング広告の掲載順位を逐一チェックをしていて、競合他社が自社よりも上位に広告掲載されていると、つい単価を引き上げたくなりますよね?

検索上位に掲載したいけどクリック単価は上げたくないというのが多くの方が望まれていることだと思いますが、引き上げるべきかどうか迷った時のひとつの指標となる『分割』をご紹介します。

AdWords掲載結果

AdWords広告には、上図のように『分割』して色々な指標を見ることが出来ます。その中に『上部vsその他』という項目がありますので、こちらをクリックします。

そうすると、検索結果の上部に掲載されている時と、そうでない時のデータを比較して見ることができるんです。

何が分かるかというと、それぞれの掲載結果でのCV数やCPAを確認し、仮に上部に掲載していないほうが結果が良かった場合は、無理に単価を引き上げないほうが良いのかもしれないという仮説が立てられますね。

この場合は間接効果は考慮されていませんが、CPCが年々高くなって困っている方には目安のひとつにはなるかと思います。


| 投稿時間 :2013年5月27日 10:40

GoogleAdWords広告には『分割』表示させる機能があります。

クリック単価を引き上げて上位表示させたほうがいいのか、あるいは単価を引き下げてサイドに表示させて限られた予算内で多くのアクセス数を稼いだほうがいいのかの検討材料になります。

アドワーズの分割表示

これを使うと、上部に表示された時のコンバージョン数とその他に表示された時のコンバージョン数を比較することができます。

クリック単価やクリック率、CPAなども比較できます。検索パートナーも一覧表示できますから、Google検索で圧倒的にコンバージョンが取れている場合には、検索パートナーに表示させない設定にするのもひとつの方法です。


| 投稿時間 :2012年9月26日 15:10

既にご存じの方も多いと思いますが、リマーケティング広告が新しくなっており、より使いやすくなっています。今まではリストを取りたいページ毎にリマーケティングタグを設置する必要があったのですが、これからは全てのページにリマーケティングタグを設置し、URLで定義付けするようになりました。

このことで、リマーケティングリストの組み合わせの設定などが早く簡単にできるようになり、例えば下記のようなリストの獲得が可能となります。

・資料請求をフォーム上で行ったが申し込みまでは行っていない人だけのリストの獲得

・URLに”gentei”という文字列が入っているURLを訪問した人のリスト

また、同じアカウント内であれば、異なるドメインであっても定義付けができるため、Aというサイトで資料請求まで行った人に対してBというサイトの特定のページを提案することもできます。


| 投稿時間 :2012年8月2日 09:32

グーグルアドワーズ広告には、検索ネットワーク広告とディスプレイネットワーク広告とがあり、後者のディスプレイネットワークにはテキスト広告だけではなくバナー広告を出稿することが出来ます。ご存じの方が殆どだと思いますが、ディスプレイネットワークと言っても出稿方法は色々とあり、ただ単に広告の表示回数を増やす目的の場合、1度ホームページに来ていただいたユーザーのみに表示させる広告(リマーケティング)、トピックやカテゴリーなどを選び、関連性のあるサイトに表示するタイプ、URLを指定して表示させるタイプなどがあります。スマートフォン用のバナーサイズ、携帯向けのバナーサイズなどもサイズが決まっています。使用する用途に応じてバナーを作成する必要があります。プルーブでは、このイメージ広告の作成も行なっております。詳しくはお問い合わせください。

イメージバナーの制作事例


| 投稿時間 :2012年5月30日 18:24
プロフィール

株式会社プルーブ代表 松竹延浩
インターネット広告を出すからには、最終的に利益が増えなければ 全く意味がありません。少しでも皆さんの参考になるように最新情報も交え できるだけわかりやすくご案内します。
カテゴリー
最近のエントリー
月別アーカイブ