リスティング研究ブログ

GoogleAdwordsのサーチファンネルでアシスト数他を推測

アドワーズ広告の≪コンバージョントラッキング≫から≪サーチファンネル≫という聞きなれない機能を使用することができます。

これは何かと言うと、ヤフーリスティング広告で普通に意識してみている≪アシスト数≫や、コンバージョンに至るまでに広告を平均で何回クリックしているのか?また、有料広告をクリックしてから、平均して何日目でコンバージョンに至っているのかなどを簡単に知ることができる機能なのです。

結構すごいですね、さすがグーグル。

ここからが大事なところですが、これらの数値を眺めて何もしないのであれば、知らないのと同じです。

例えば、コンバージョンに至るまでに平均して広告を2回未満しかクリックしていない、更には平均で1.2回程度などというデータが取得できたとします。ということは、ターゲットユーザーは、あまり他社の広告と比較することなくコンバージョンに至っている⇒急いでいる?⇒コンテンツが優れている?⇒他社と価格は変わらない?⇒それじゃ、掲載順位を上げないと機会損失が大きい⇒クリック単価を10%アップし順位を上げる・・・などと具体的な行動へ移せます。

ヤフーリスティング広告とグーグルアドワーズ広告では、コンバージョンをカウントする日数がずれることは良く知られていると思いますが、このサーチファンネルで広告がクリックされてから実際にコンバージョンに至るまでに平均で5日かかっているとすれば、ヤフーとグーグルのどちらに広告費の比重を多くするのかといった議論の際には、過去5日分のデータを仮定として上乗せして比較する必要なども出てくると思います。

アドワーズ広告は非常に多くの機能があり、実際に行動に移せる貴重なデータを知ることができますので、来年春辺りに導入が予想されているヤフーリスティング広告への機能追加が非常に楽しみです。



| 投稿時間 :2010年12月3日 15:14
プロフィール

株式会社プルーブ代表 松竹延浩
インターネット広告を出すからには、最終的に利益が増えなければ 全く意味がありません。少しでも皆さんの参考になるように最新情報も交え できるだけわかりやすくご案内します。
カテゴリー
最近のエントリー
月別アーカイブ