リスティング研究ブログ

アクセス数の多いサイトへ広告を掲載する(バナー広告・動画広告)

取扱商品に関連性の高いサイトで、アクセス数の多いサイトや人気の高いサイトへ広告を出すには費用が高いのではないか?とお思いの方も多いと思います。ポータルサイトや口コミサイト、価格比較サイトなど、カテゴリーによっては、検索する前にまずそのサイトで確認してから購入するという人も多いです。

先日、化粧品の口コミサイトがリアルでイベントを開催し、そこ訪れたお客さまへインタビューしているところをテレビで見ました。新しい化粧品などが出た場合、店頭で直ぐには購入せずに、まず口コミサイトで評判を確認してから実際に購入するという人が多く、今後は口コミマーケティングが一層重要になるなと感じた一瞬でもありました。

この点を販売側から考えると、それだけ発信者のみの情報は信用されなくなってきたということでもあり、”いいこと”ばかりではなく”失敗”などもしっかり記載していくことも検討する必要があると思います。

口コミサイトへ広告を掲載する場合、そのサイトがアドセンスを掲載していれば、クリック課金型でイメージ広告(バナー広告)や動画広告を掲載することが可能です。

先日もご案内しましたプレースメントターゲット広告ですが、ピンポイントで上位表示を狙えば、かなりの効果が見込めます。

 

 



| 投稿時間 :2009年7月13日 16:32
プロフィール

株式会社プルーブ代表 松竹延浩
インターネット広告を出すからには、最終的に利益が増えなければ 全く意味がありません。少しでも皆さんの参考になるように最新情報も交え できるだけわかりやすくご案内します。
カテゴリー
最近のエントリー
月別アーカイブ