リスティング研究ブログ

新しいリマーケティング広告について

既にご存じの方も多いと思いますが、リマーケティング広告が新しくなっており、より使いやすくなっています。今まではリストを取りたいページ毎にリマーケティングタグを設置する必要があったのですが、これからは全てのページにリマーケティングタグを設置し、URLで定義付けするようになりました。

このことで、リマーケティングリストの組み合わせの設定などが早く簡単にできるようになり、例えば下記のようなリストの獲得が可能となります。

・資料請求をフォーム上で行ったが申し込みまでは行っていない人だけのリストの獲得

・URLに”gentei”という文字列が入っているURLを訪問した人のリスト

また、同じアカウント内であれば、異なるドメインであっても定義付けができるため、Aというサイトで資料請求まで行った人に対してBというサイトの特定のページを提案することもできます。



| 投稿時間 :2012年8月2日 09:32
プロフィール

株式会社プルーブ代表 松竹延浩
インターネット広告を出すからには、最終的に利益が増えなければ 全く意味がありません。少しでも皆さんの参考になるように最新情報も交え できるだけわかりやすくご案内します。
カテゴリー
最近のエントリー
月別アーカイブ