新着情報

リスティング広告を長年出稿されている方はキーワードや広告文の調整の他、無駄なキーワードを除外したりプレースメントを除外したりと様々なことをされていると思います。

アカウント内のメンテナンスを行なう際にある程度何を行なうかというルール決めをしておかないと、いつまでも時間ばかりが過ぎて行くことになりかねません。気がつけば管理画面を見て数時間が経過していたという経験もあるのではないでしょうか?

デバイス別、時間帯別、エリア別の検証を行なうことで行なうべき施策が見えてくることがあります。

例)

スマホへの配信では予想以上にCV数が取れているのにPCへの配信で予算を食われている。

平日の12時から16時の間はCPAが非常に高くなっているが20時を過ぎると改善されている。

東京・神奈川・埼玉で予算の8割を消費しているがクリック数の最も多い東京よりも神奈川の方がCPAが低いので単価を引き上げる余地がある。

少なくとも月に1回は見直しを行い調整していくことが反響アップに繋がると思います。

自社開発したレポートシステム「リスポ」では上記の解析レポート出力が可能ですので是非一度お試し下さい。
http://www.lispo.jp


| 投稿時間 :2014年11月18日 11:17

最近リスティング広告を開始されたお客さまでお問合せいただきましたのでご紹介します。

GoogleAdWords広告にキーワードと広告文を登録して、広告の表示を確認しても

「広告が表示されない!」と心配されていました。

下記のような場合には広告が表示されないことがよくあります。

・そもそも検索回数が非常に少ないキーワードの場合
・1日の予算設定が低い場合
・審査にかかっている場合

また、稀に「除外キーワード」に入っているキーワードのために広告が表示されないということもあり得ます。

お金を出して広告を表示させる側としては、登録しているのになぜ出ないんだ?と思いがちですが、よくよく考えてみると検索キーワードにマッチしていない広告文を表示させると、検索エンジン自体の質が下がりますし、登録すれば必ず広告が出るということではないことはご理解いただけるのではないかと思います。


| 投稿時間 :2014年11月11日 11:32
プロフィール

株式会社プルーブ代表 松竹延浩
インターネット広告を出すからには、最終的に利益が増えなければ 全く意味がありません。少しでも皆さんの参考になるように最新情報も交え できるだけわかりやすくご案内します。
カテゴリー
最近のエントリー
月別アーカイブ