リスティング研究ブログ

Capture_2013_11_26_10_52_51_823

AdWords広告のキャンペーン設定で上図のように広告を表示させる地域を設定できる箇所があります。

例えば、東京と神奈川県だけに広告を表示させて、その他の都道府県には広告を表示させないという設定ができます。ご存じの方も多いと思いますが、案外見落としがちなのが、詳細設定の部分になります。

Capture_2013_11_26_10_53_32_831

設定変更する前(デフォルト)では、一番上の【ターゲット地域にいるユーザーと、ターゲット地域に関する情報を検索、閲覧しているユーザー(推奨)】にチェックが入っていますが、特定の都道府県だけに表示させたい場合には、真ん中の【ターゲット地域にいるユーザー】にチェックを入れる必要があります。

東京にいる人にだけ広告を表示させたい場合

デフォルトの推奨設定のままでは、神奈川県にいる人で東京の事を検索している人にも表示されます。

例えば、検索するキーワードとして、【弁護士事務所 東京】などですね。

東京都内にだけ広告を出しているつもりが、他の都道府県にも表示されていたということが起こりがちです。

 


| 投稿時間 :2013年11月26日 11:07

リスティング広告に限ったことではありませんが
日々の運用で何をしたのか、どんな変化があったのかを記録することで
改善点が見えてくることがあります。

運用上の変更だけでなく、例えば新聞や雑誌に掲載されたとか、テレビで取り上げられたなども
グラフと重ねてみることで変化に気が付きやすくなります。

そんな時には【メンテナンス履歴レポート】がオススメです。

maintenance_report02

自社開発したレポート作成システム【リスポ】で生成されるレポートのひとつで
このレポートを使うと何日にどんな事があった(どんなことをした)から、コンバージョン数が増えたとか
インプレッション数が減ったなどということが一発でわかります。

お申し込み月は月末まで無料でお試し頂けます。

http://www.lispo.jp


| 投稿時間 :2013年11月12日 18:49
プロフィール

株式会社プルーブ代表 松竹延浩
インターネット広告を出すからには、最終的に利益が増えなければ 全く意味がありません。少しでも皆さんの参考になるように最新情報も交え できるだけわかりやすくご案内します。
カテゴリー
最近のエントリー
月別アーカイブ