リスティング研究ブログ

グーグルアドワーズ広告には、検索ネットワーク広告とディスプレイネットワーク広告とがあり、後者のディスプレイネットワークにはテキスト広告だけではなくバナー広告を出稿することが出来ます。ご存じの方が殆どだと思いますが、ディスプレイネットワークと言っても出稿方法は色々とあり、ただ単に広告の表示回数を増やす目的の場合、1度ホームページに来ていただいたユーザーのみに表示させる広告(リマーケティング)、トピックやカテゴリーなどを選び、関連性のあるサイトに表示するタイプ、URLを指定して表示させるタイプなどがあります。スマートフォン用のバナーサイズ、携帯向けのバナーサイズなどもサイズが決まっています。使用する用途に応じてバナーを作成する必要があります。プルーブでは、このイメージ広告の作成も行なっております。詳しくはお問い合わせください。

イメージバナーの制作事例


| 投稿時間 :2012年5月30日 18:24

以前よりGoogleAdwords広告ではよく使用されていたキーワードのマッチタイプである『絞りこみ部分一致』についてお問い合わせいただきましたのでご紹介します。絞りこみ部分一致とは、+(プラス記号)をキーワードの前に追加して登録するのですが、『登録できない』とお悩みの方がいらっしゃるようです。このプラス記号は”半角”で登録してみてください。

詳細はこちらのヘルプをどうぞ
http://p.tl/FOuH


| 投稿時間 :2012年5月16日 16:33
プロフィール

株式会社プルーブ代表 松竹延浩
インターネット広告を出すからには、最終的に利益が増えなければ 全く意味がありません。少しでも皆さんの参考になるように最新情報も交え できるだけわかりやすくご案内します。
カテゴリー
最近のエントリー
月別アーカイブ