新着情報

驚きのニュースが入ってきました。

すでにご存じの方も多いかと思いますが、ヤフーの検索エンジンがグーグルの検索エンジンに代わるようです。

http://japanese.engadget.com/2010/07/27/yahoo-japan-google/

http://googlejapan.blogspot.com/2010/07/yahoo-japan.html

2001 年から 2004 年にはヤフー株式会社に対し、Google の検索エンジンを提供していたわけですが、本日、また元に戻ったということになります。

リスティング広告代行を行う上では衝撃のニュースで、bingに変わるのでは?という見方が多かっただけに正直驚いています。

——————–下記引用——————————————-

Google はさらに、ヤフー株式会社に対して、検索連動型広告配信プラットフォームを提供します。すなわち、Google の技術が、ヤフー株式会社による検索連動型広告の提供、ターゲット及びレポートをバックエンドで支えることになります。ヤフー株式会社は引き続き広告の獲 得や広告キャンペーンの展開を行います。なお、両社の広告主および広告のデータは完全に分離して保持されます。

——————–引用ここまで——————————————-

という発表ですので、アドワーズ広告に一本化されるということではなく、今まで通り分離して管理する流れになると思われます。今までデフォルトでは設定できなかった広告配信の時間設定なども、ヤフーリスティング広告でできるようになるのかもしれません。


| 投稿時間 :2010年7月27日 16:19

リスティング広告の効果を上げるためには、言うまでもなく広告をクリックした先に表示される【ランディングページ】が非常に重要です。通常、ホームページを作成する際には、トップページに始まり、どんなメニュー項目にするか?どんなコンテンツを盛り込むか?といったところからすり合わせし、キーワードの検索ニーズから逆算してページを制作するといったことはあまり行われていないように感じます。見込みの高いキーワードを調べ上げ、その検索キーワードを打ち込んだユーザーはどんな情報を必要としているか?キーワードと広告文とランディングページを纏めて【ランディング広告】と捉え、パッケージ化することで費用対効果を上げるご提案をさせていただきます。詳しくはお問い合わせ下さい。

lp_img.jpg


| 投稿時間 :2010年7月26日 19:47

ホームページのリンク切れの際に表示される”File Not Found”などと表示されるページにキーワードが羅列してあり、それらのキーワードをクリックすると、ヤフーリスティング広告に設定している広告が表示されているというご相談をお受けしました。

本来、リスティング広告とは、検索連動型広告であり、こういった形での流入は、私は不正クリックに相当すると思っています。特に特筆すべき点は、これらのページに掲載されているキーワードがクリック単価の高いビッグキーワードが多く掲載されていることです。

アクセス解析を行い参照元を今すぐご確認ください!

ターゲットユーザー以外からのアクセスが多く発生している可能性があります。多くのページについてご報告を頂いておりますが、ここでは個別にご紹介できません。誹謗中傷と捉えかねないからですが、弊社で管理させていただいているクライアント様におきましては、これらのサイトを配信対象外サイトに順次設定しております。アルバイトを雇い、故意にクリックさせているという噂もあります。現場を確認した訳ではありませんので何とも言えませんが、何とか広告費を捻出して少しでも売上げを上げよう、社員や社会に還元しようと頑張っていらっしゃる経営者の方とお付き合いさせていただいている中で、このような不正とも思える事態は許せないと思っています。


| 投稿時間 :2010年7月8日 14:41

「ヤフーリスティング広告でクリック数がゼロなのにコンバージョンがカウントされている」そんな経験はないでしょうか?

検索ユーザー様が過去45日以内に設定された広告経由でサイトに訪問し、後日コンバージョンに至った場合たとえその日のクリック数がゼロでもコンバージョンがカウントされるんです!

これは、ヤフーリスティングのシステム上45日間cookieを保存しコンバージョンに反映できるようになっているためで例えば、お気に入りやブックマークに入れている場合や自然検索で訪れたといった場合にこのような現象が起こります。

これは別の見方をすると、46日以上前に広告経由で訪問された検索ユーザー様のコンバージョン数をカウントしないということなので実際に管理画面上に表示されるコンバージョン数と実際のコンバージョン数とのズレが生じるということになります。


| 投稿時間 :2010年7月1日 14:12
プロフィール

株式会社プルーブ代表 松竹延浩
インターネット広告を出すからには、最終的に利益が増えなければ 全く意味がありません。少しでも皆さんの参考になるように最新情報も交え できるだけわかりやすくご案内します。
カテゴリー
最近のエントリー
月別アーカイブ