リスティングが初めての方へ

リスティング広告(PPC広告)とは

SEO対策とリスティング広告の比較

リスティング広告とは、Yahoo!JapanやGoogleの検索結果に表示されるクリック課金型の広告になります。検索ユーザーがクリックして初めて料金が発生するので、無駄が少なく、効果の高い広告と言われています。

検索ユーザーが広告をクリックして初めて料金が発生する仕組みになっていますので、表示されるだけでは料金が発生しないことと、検索するキーワードに合わせた広告を能動的に操作することができますので、広告を出したその日に商品が売れるといったことも充分に有り得ます。

 ヤフー検索に表示されるのが、Yahoo!プロモーション広告(旧Yahoo!リスティング広告)
グーグルに表示されるのが、Adwords(アドワーズ)になります。

Yahoo検索やGoogle検索の結果のみではなく、他のサイトを指定してバナータイプの広告や動画タイプの広告などを配信することも可能です。

また、リマーケティング広告と言って、1度ホームページを訪問したユーザーのみを追跡し、テキストやバナー広告で再度ホームページに訪問してもらい、コンバージョンにつなげるという広告もあります。

検索結果の上部に表示される広告と、右側に表示される広告は同じ広告で、掲載順位が異なるために表示される箇所が異なっているということになります。順位はどのようにして決まるかは、クリックされた時に課金されるクリック単価と広告文の関連性の高い広告が、より上位に表示される仕組みになっています。

広告文とキーワード、クリックされた後に表示されるページとの関連性と入札価格をかけ合わせた数値(広告ランク)で広告が表示される順位が決められています。

人気の高いキーワードでは、競争が激しいためにクリック単価も高騰しがちです。また、2語や3語の組み合わせたキーワードで入札すると、比較的単価も下がるのですが、その分、検索される回数も比較的少ない傾向にあります。 

Yahoo!リスティング広告とグーグルアドワーズ広告はどちらがいいのですか?というご質問をよくいただきますが、どちらも良いです。問題は、狙っているお客様(ターゲットユーザー)がどちらの検索エンジンを使っているかということが重要です。初めから推測でYahoo!リスティング広告だけに広告を出すとか、グーグルアドワーズ広告だけに広告を出すといったことではなく、数字の裏付けを取るために、まずは両方に小額の予算で出してみて効果を計り、予算配分を決めるという方法をオススメしています。

ヤフーで検索したときに、通常の検索結果の上部に2~4行くらいの広告が出るときと、画面の右側に縦に何行か広告が出る場面を見たことがあると思います。これは、一見して違う広告なのですか?とよくご質問をいただきますが、同じ広告です。他社の広告と競争して、上の方で表示されることが決まり、尚且つ、ヤフーやグーグルがこの広告なら一番良い場所に出してもいいよと判断された場合にのみ表示される、その名も【プレミアムポジション】などと呼ばれています。ここは、クリック率も高くなりますし、何よりも目立ちます。

更に目立たせて広告を掲載するために、タイトルに検索キーワードを入れこんで登録したり、値段や場所など具体的な情報を入れ込むことで更に訴求力が高まります。このあたりの詳しい説明はリスティング広告のサービス内容ページでご説明いたします。